言語設定を変えちゃダメ!バリ国際空港で無料の空港wi-fiを使う方法

 

今回はインドネシアのバリ島にあるバリ国際空港内の無料空港wi-fiを使う方法をお伝えします。

 

とっても簡単ですが、やり方を知っていないとちょっと戸惑うので是非一通り見てください。

 

 

設定画面から空港wi-fiを見つける

 

今回はiphoneの画面で説明します。

他の機種をお持ちの場合はそれぞれのwi-fi設定画面をご確認下さい。

 

飛行機到着後、空港内に入ったらまずは「設定」からwi-fiの画面を見てみましょう。

 

バリ国際空港のwi-fiを受信出来ていれば「@NgurahRaiAirport」というのが確認出来ます。

確認出来たらそれを選択しましょう。

 

 

 

言語は変更しないで!

選択したらこんなログイン画面が出てきます。

 

右上に言語を変えるアイコンが出てきますが、ここを「English」などに変えず「Bahasa」のままにしておいて下さい。(←ここ大事!)

 

インドネシア語で何が書いてあるか分からないのでここを「English」などの他の言語に変えたくなるのですが、ここを変えてしまうと上手く空港wi-fiにログイン出来なくなってしまうのです。

 

 

 

何て書いてあるか分からないけど黙ってクリック!

 

そしてこの画面を下の方へスクロールすると

 

Lanjuktan」というアイコンが見えるので、そこをクリックしましょう。

 

 

 

そしてこの画面が出たらログイン完了!後は普通に空港wi-fiが使えます。

めっちゃ簡単ですな!( ̄ー ̄)bグッ

 

特に通信制限もなく、そこそこ通信速度も速いので空港から出る前に情報収集する場合や誰かに連絡を取る場合に活用下さい。

空港内には充電出来るコンセントも多少あります。

見つけにくい場合は、多くのトイレの入り口に電源があり多くの人がそこで携帯を充電しているのでトイレを探すと良いですよ。僕も何度も使いました。笑

 

 

まとめ

 

どうですか?知っていればとても簡単でしょう?

 

でも僕は言語を変えたらダメな事を知らず、小一時間ぐらい言語を英語に変えてからログインしようとして時間を無駄にしまして、、、

 

これを見て下さった方が小一時間を有効活用出来るなら幸いです(*TーT)

 

ではでは!

 

 

↓こちらもオススメ↓

バリの空港タクシーは乗らないで!空港外へ歩いて出る方法と選ぶべきタクシーまとめ

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です