【英語】「サイレントE」って何だ?cutとcute、”e”があるだけで単語の発音が変わる発音ルールを分かりやすく解説したんですぜ

 

どうも、言語教育屋のTatです!

 

 

さて、突然ですが

cut

cute

ってそれぞれどう発音するか分かりますか?

 

 

近藤さん
べらんめぇ!そんなもん「カット」「キュート」に決まってるじゃろうが!
こちとらチキチキの江戸っ子でぇ!!

 

 

おぉ、その通りです。

「カット」と「キュート」ですよね、簡単すぎました?

 

じゃあ「なぜ単語の最後にeが来ると全然違う発音になるか」というのはご存知ですか?

 

近藤さん
、、、そ、そういうルールが英語にあるからじゃ!トラ○プ大統領がそう決めたんじゃ!

 

たかし
絶対そんなに最近の話じゃないと思うわ

 

 

、、、まぁ誰が決めたかは知りませんが、実は実際に英単語の最後に”e”が来ると発音が変わるぜ!!というルールがあるのです。

 

 

意外とこのルールを知らない人が多いのですが、これを知っているだけで初めて見る単語の発音の想像がついたり、スペルを書くときにミスが減ったりするので知っていて損は無いですよ!

 

今回は具体的にどういうルールか、どういう風に発音が変わるかを簡潔にお話して行きますので、ちょっとカップ○ードルが出来るのを待っている間にでも見て行ってください。

 

 

“アルファベット読み”と”英語読み(フォニックス)”ってのがあるのです

 

 

ちょっとそのルールの前に、まず英語の発音に関して知っていて欲しい事が2つあります。

・アルファベット読み

・英語読み(またはフォニックス)

 

の2つ。

 

 

英語の基本中の基本である a, b, c, d, e ….。

この1文字のアルファベットにはそれぞれ2つの発音方法があるよってな話です。

 

 

アルファベット読み

アルファベット読みは普段僕達が使うアルファベットそのままの音です。

a = エイ

b = ビー

c = シー

x = エックス

y = ワイ

z = ジー

ですね。

 

これは殆ど全ての人が知っていることだと思います。

 

 

英語読み(フォニックス)

フォニックスとは、英語圏の人が子供に教える英語の発音とその学習方法の事です。

日本語で分かりやすいように英語読みと呼ぶこともあります。

 

具体的には、

a = ェア

b = ブ

c = ク

 

u = ア(何か思い出した時に「あっ!」という声に近いです)

c, k, ck = クッ

p = プ

etc,,,

 

という感じで、それぞれのアルファベットに英語の発音の仕方があります。

※実際のフォニックスの発音は日本語では正確に表記出来ませんが、今回は分かりやすくするためにカタカナで書いています

 

 

例えば「傘」を英語で言うと「umbrella」ですよね。

スペルの最初が「u」で始まってるのに何で発音が「アンブレラ」になるねん!って思ったことありません?

なんで「ウンブレラ」じゃないねん!、、、と。

 

結論から言うと、この「u」は英語読みだと「ア」になるから「アンブレラ」と発音するんです。

 

 

まぁ小難しいことは置いておいて、今は取り合えず

・「英語読み(フォニックス)」というものがある事

・それはアルファベット読みとは違う

という事を抑えればokです!

 

 

単語の最後に”e”が来るとどう音が変わるの?

 

さて、では具体的に単語の最後に e が来るとどういう風に発音が変わるのかを説明していきますね!

超簡単ですぜ~!

 

 

cutとcuteを例にあげますね。

まずそもそも、「cut」という単語は

こんな感じで

c = ク

u = ア (←さっき出てきたやつですね)

t = トゥッ

 

という風に、それぞれの文字を英語読みしたものがくっついて「カット」という発音になっているんです。

 

 

しかしこの単語の最後に”e”が来た場合どうなるかというと、

まず、最後の”e”は発音しません。

 

 

その代わりに

 

“e”の一つ前にある母音アルファベット読みに変えてしまいます。

母音:a, e, i, o, u, y など、日本語の”あいうえお”の音に当たるもの

 

 

 

cut のときは u は英語読みで「ア」と発音していたのですが、単語の最後に e が来た為に u はアルファベット読みの「ユー」になります。

 

 

 

あとは簡単!

c = ク

u = ユー

t = トゥッ

e = 発音しない

 

を合わせると、「ク・ユー・トゥッ」⇒「キュート」になる訳です。

 

近藤さん
わ~ぉ、超簡単なルールじゃな。
誰じゃトラン○大統領が決めたとか言うてた奴は、、、

 

たかし
強いて言うなら俺の目の前に居るやつかな!

 

 

 

他にも色んな単語がある

 

以上が単語の最後に”e”が来ると発音が変わるルールの具体的な例になります。

 

この

・単語の最後に来るけど発音しない

・一つ前の母音の発音をアルファベット読みに変える

e の事を「サイレントE」と呼ぶので是非覚えておいて下さい。

 

因みに僕が以前働いていた英会話学校では”マジックE”なんて名前で子供達に教えていました。

 

 

せっかくなので同じルールが当てはまる他の単語も見てみましょう!

 

・win (ウィン) ⇒ wine (ワイン)

=w・i・n (ウ・イ・ン) ⇒ w・i・n・e (ウ・アイ・ン・発音しない)

 

・sit (シット) ⇒ site (サイト)

=s・i・t (ス・イ・トゥッ) ⇒ s・i・t・e (ス・アイ・トゥッ・発音しない)

 

・bit (ビット) ⇒ bite (バイト)

= b・i・t (ブ・イ・トゥッ) ⇒ b・i・t・e (ブ・アイ・トゥッ・発音しない)

 

 

また、普段よく目にする基本単語でもこのルールが適用されているものが多いのです。

例えば

・like (ライク)⇒(リケ)とは読まない!

・cake (ケイク)⇒ (カケ)とは読まない! (c (ク)・a (エイ)・k(ク)・e (発音しない))

aフォニックスでは「ア」または「ェア」。アルファベット読みでは「エイ」

 

・take (テイク) ⇒ (タケ)とは読まない!

などなど、、、

 

 

まとめ

 

以上が「サイレントE」の具体的説明でした!

 

こんな風に英語って実は発音のルールがちゃんとあって、80%以上の英単語はこの一つ一つのアルファベットの音とルールの組み合わせで構成されているのです!

昔は全てのほぼ全ての単語に発音ルールが適用されていたんですが、近年は英語以外の単語も英語に入ってきてるんで20%ほど適用されないものがあるみたいですよ。

 

何となく普段見ている英単語も実はこのルールが適用されている単語だったりすることがよくあります。

もうこのサイレントEを知った貴方には怖いものはありません!ゴキ○リ以外!笑

ぜひ色々な単語を見てサイレントEを発見してみて下さいね。

 

 

~・~・~最後にもう一度復習~・~・~

サイレントEとは

・英単語の最後に来る e

・その e 自体は発音しない

・その代わりその e の一つ前の母音をアルファベット読みに変える

~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

 

ではでは!

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です