カップルや家族旅行に超おすすめ!バンコクの高級ホテルにこんなに安く泊まれるとは、、、!

 

どうも、Tatです!

先日タイの首都バンコクに旅行に行った際に泊まった4つ星ホテルがめちゃくちゃ快適で、しかも日本じゃ考えられないぐらい安かったので、価格や場所、オススメポイント等をまとめて褒めちぎりながらお伝えしたいと思います!

 

 

【4つ星】ミラクル グランド コンベンション ホテル(Miracle Grand Convention Hotel)

 

今回宿泊したホテルはこちら、「ミラクル グランド コンベンション ホテル(Miracle Grand Convention Hotel)

 

色んな国を旅してた時は安いゲストハウスを転々としていましたが、今回4日間のみの滞在という事もあり、なんと4つ星ホテルに宿泊してみたのです!人生初!!

 

そしてこういった記事ではよく宿泊価格を最後に載せたりするものが多いですが、もう最初に言っちゃいます。

4泊5日、2人1部屋(デラックスルーム)、朝食付き日本円で約27500円!!

 

なんと1人辺り1泊3437円!!!

 

 

一泊3500円4つ星ホテルに泊まれるなんて、、、!

 

 

たかし
めっちゃ安いじゃん!!

 

近藤さん
でも言うてもタイじゃろ?
部屋がボロかったりご飯がイマイチなんじゃないのかの?

 

 

なんて思います?

ではでは、1泊3500円の4つ星ホテルがどんなものか見て行きましょうか!

 

 

 

空港のすぐ近く!内装も綺麗でっせ!

 

まず場所を見てみましょう。

ホテルの場所はバンコクのドンムアン空港のすぐ近く。タクシーで5~10分ほどの距離にあり、めちゃくちゃ便利です。

引用元:Google map

 

 

ホテルの近くに電車の駅があるのですが、ちょっと分かりにくいのでホテルまではタクシーで行くことをオススメします。

 

空港からタクシーでここまで来ようとすると、タクシーの運ちゃんは「200バーツ(約600円)だね」と言ってきますがコレ結構ぼったくりです!笑

まぁ空港のタクシーはどこの国でも高いですがね、、、

 

僕は

「あれー、他の人は100バーツぐらいで行けるって言うてたんやけどなぁ、、、じゃあ150バーツ(約450円)でどう?」

と言って150バーツで乗せてもらいました。450円でも日本と比べたら安いですよね。

 

因みにホテルでタクシーを呼んでもらうと、どのタクシーもちゃんとメーターを回してくれます。

メーターを回してくれる場合はホテルから空港までで69バーツ(約207円)でしたよ。タイのタクシー超安い!!

 

 

さて、ホテルの中はこんな感じ。

外観も豪華ながら、中もとっても豪華で綺麗です。

 

入り口には常に正装している男性が立っており、ホテルに出入りする度にドアを開けてくれます(タクシーを呼んで欲しい時もこの男性に言えばすぐ呼んでくれます)。

そして当然空調も完璧!外の蒸し暑さから一変、快適な空気が身を包んでくれます。

 

 

入り口付近にはBarやビュッフェがあり、たまにジャズの生演奏が聞けることも。

 

 

 

部屋の中やサービスも日本のホテルに負けてない!

 

さて、受付でチェックインを済ませ荷物を運んで貰いながら部屋へ向かいました。

 

 

綺麗な廊下を進み、、、

 

 

どーんと大きなベッドがある部屋に到着!

実は今回、6ヶ月ぶりに彼女と会う為にタイへ来てまして。たまに写真の中に見知らぬロシア人が紛れていますがご了承くださいね笑

 

 

ベッドは大人3~4人が十分に寝れるぐらいの大きさ。

 

 

そして日本人の僕にとっては大事な水周り!

 

シャワーは良い水圧、バスタブにもお湯を溜めることが出来ます。

タオル類はもちろん、シャンプー・リンス・コンディショナー・ボディソープ・固形石鹸も常備。

歯ブラシセットや髭剃り、ヘアゴムなんかも常備しており、これら全て毎日新品を置いてくれます。

あ、何故か知りませんがバスタブの上にテレビが置いてあってシャワーを浴びながら見ることが出来ますよ!笑

 

 

そしてトイレも綺麗なんですが、なんと紙をそのまま便器に流せるのです!すげぇぜ4つ星ホテル!!

タイでは用を足した後に小型のシャワーで洗い流し、トイレットペーパーで拭いてゴミ箱に捨てるのが普通です。これに慣れるまでは凄く違和感・嫌悪感がありました。。。

 

 

 

 

 

そしてふと窓から外を見てみれば、バンコク市内の景色が。

今回泊まったこの部屋は14階だったので景色も良かったですよ

 

 

 

夜景も綺麗

 

 

 

そしてふと窓から下を見てみれば、、、

 

大きなプール!

これがここを選んだ理由の一つなのであります!

宿泊客はもちろん無料で使えます。後で詳しくお伝えしますぜ。

 

 

因みに部屋のサービスで一番良かったのは毎日お昼頃に部屋を掃除しに来てくれる事です。

日本のホテルなら当たり前かもしれませんが、ここタイですからね?!

 

昼頃は外出してホテルに帰って来たら全て綺麗に整っている状態なのがとても嬉しいです。

タオルやシャンプー、お茶やコーヒーなどは勿論新品が置かれていますしね。

 

 

もし昼過ぎ・夕方まで部屋のんびりしたいなら室内にあるこのスイッチを使いましょう。

 

が「Make up room (部屋を綺麗にしておいて下さい)」

が「DO NOT DISTURB (邪魔しないで=掃除は結構です)」

 

 

 

部屋に居たい時は左のスイッチをオンにしておけば従業員の人が来ることは無いですし、外出するときに右のスイッチをオンにしておけば帰ってきた時には部屋がキッチリ掃除されて整っている状態になっています。

いや、ほんとタイでこんなちゃんとしたサービスが受けられるとは全く思わなかったのでびっくりでした。

 

 

 

 

朝食はビュッフェで満足

 

冒頭でお伝えしましたが今回は朝食込みでの宿泊なのです。

もちろん予約するときに朝食無しで予約も出来、その場合は1泊辺り500円(1人)ほど安くなります。

 

、、、が、個人的には朝食込みを強くオススメします!

 

 

何故かと言うと、朝食はこのホテル入ってすぐの受付のすぐ傍にあるビュッフェで食べることが出来るからです。↓

 

このビュッフェ、見栄えも良いのですが普通に入るには590バーツ(約1800円)掛かります。

朝食込みの宿泊にすると、朝6時~10時までの間ここに自由に出入り出来、食事をする事が出来るのです!

 

ホテル価格とは言え、日本の物価の約3分の1であるタイでこの値段。

参考までにお伝えすると、外で食べたらチャーハンやパッタイ(タイ風焼きソバ)が60~80円で食べられるんですよ?

そんなタイで1800円も取るんですから、どれだけちゃんとしたホテルなのかが分かりますよね。

 

1泊辺り500円程の価格の上乗せ約1800円の食事を毎朝楽しめるんですからめっちゃ良いですよ!

 

 

また、すぐ近くにセブンイレブンがあるのですが毎朝コンビニご飯はやっぱり嫌ですし、かと言ってタクシーに乗って街中までご飯食べに行くのもなぁ、、、

ビュッフェの料理は毎朝変わりますし、朝ゆっくり過ごしてから同じ建物内で自由に食べられるのはとても良かったです。

 

 

そして気になるビュッフェの内容はこちら

 

まず入り口で部屋の番号を伝え、席に案内してもらいます。

席には既にナイフやフォークが用意されており、席に着いた後は自由に食事を取りに行けます。

 

 

 

豚肉と野菜の炒め物

 

 

豚肉を使ったスパイシー炒め

 

メニューは毎日変わりますが、毎回肉料理があるのが嬉しい

 

 

 

洋風のパンもあります

 

 

 

フルーツはもちろん、チーズやハム、スモークサーモンまであります。

タイでサーモンを見るのは結構珍しい

 

 

 

ココナッツをたこ焼き器で焼いたようなやつ。

これがめっちゃおいしい!

 

 

スイカ、ドラゴンフルーツ、メロン、パイナップル。

タイのフルーツの定番ですね

 

 

 

旅してると野菜を取る機会が中々無いのでサラダがあるのがありがたいです。

その場で作ってくれる麺料理なんかもあって美味しかったですよ!

blood soup(血のスープ)」っていうのがあったんですが怖くて挑戦せず、、、もし機会があったら注文してみて下さい。なんかレバー?とか内臓系の肉を使ったスープみたいでしたけどね

 

 

 

デザートもね!

 

 

 

 

その場でオムレツを作ってくれるおばちゃん。

チーズとかハムとかたまねぎとか、何を入れるかを自由にオーダー出来ます。

 

 

綺麗なオムレツ

 

 

 

 

 

変わったたまご料理も。

右側の茶色いやつの方が少し塩っぱかったですが美味しかったです。

 

 

と、ご飯の写真を載せ始めるとキリが無いのでこの辺にしておきますが、色んな種類の料理を毎朝堪能できるのでここのビュッフェは良いですぜ!

 

 

 

プール、サウナ、ジムも全て無料で使える

 

さて、お次はホテル内の施設の情報をお伝えしたいと思います。

 

まずはプール

ホテルの宿泊予約をするときに他のホテルも色々見ていたのですが、ここのホテルのプールが一番大きくて良さそうだったんですよ。

 

そんなプールがこちら

 

直径は20mぐらいで子供用の浅いプールが2つ(その内の1つには水が勢いよく出ているジェットがついていました)、メインのプールが1つです。

深さは160cm~170cmぐらいあり大人も十分楽しんで泳げます。

 

 

 

横にあるパラソル等も自由に使えます。

偶に外国人の家族が居たりしましたが、基本的にあんまり人が居なかったのですごく良かったですよ。

 

 

 

人が居ないならコレはやっておかないとね!!

 

 

 

水も常に綺麗に保たれています

 

 

プールの傍に受付があり、そこに部屋の番号を伝えると大小のタオルとロッカーの鍵が貰えます。

すぐ傍にロッカールームがあります。

 

 

ドライヤーや綿棒などなど

 

 

 

ロッカールームの奥には綺麗なシャワールームが3つとサウナが2つ。

正面突き当りにはカップに入っている水が置いてあるので自由に取ってokです

 

 

 

ちょっと暗くて見えにくいですが、こちらがサウナ。

もう1つのサウナは壁や床が石で出来ていて、洞窟のようになっているところでスチーム状の熱気を楽しめるサウナになっていました。

 

個人的にはシャワーの着替えを置く所に1つずつ水のカップとストローが置かれている徹底したサービスに驚きでした。

 

 

 

 

 

そしてロッカールームを出たすぐの場所にあるトレーニングジム

 

想像以上にちゃんとした機材が置いてありました。

 

ヨガやフィットネスが出来る多目的ルームもあります。

 

 

そしてオイルマッサージなどを受ける事が出来るスパがこちら。

 

残念ながらこちらは有料

タイマッサージ1時間600バーツ(約1800円)、オイルマッサージ1時間1200バーツ(約3600円)と、タイにしては結構な値段でした。

 

ちょっと街中まで行けばタイマッサージ1時間250バーツ(約750円)とかで受けられる所がいくらでもあるので、お寺に観光に行ったりしたり買い物にいくならついでに外でマッサージしてもらう方がお得ですね。

でもプールやジム、サウナで汗を流した後にのんびり身体をほぐしてもらいたいならココがベストですね!

 

 

 

他にも施設がたくさん

 

上で紹介した場所以外にも色々な場所がホテル内にありました。

ホテルの名前が「ミラクル グランド コンベンション ホテル(Miracle Grand Convention Hotel)なのですが、コンベンション(convention)とは「会議、総会」といった意味があります。

そんな単語が入っているホテルなだけあって、スーツ姿のお偉いさんが使う会議場やイベント設置のための大きなスペースなんかもありましたよ。

 

 

あとは幾つかご飯を食べられる所も。

日本食が食べられるレストラン「江戸 EDO」。

渋い名前ですね、、、

 

 

 

 

こんな中国料理レストランもありました。

ちらっとメニューを見たのですが、ここめちゃくちゃ高級です!

北京ダック12000バーツ(約3万6000円)とかアワビ料理3000バーツ(約9000円)とか、タイの物価では考えられない価格。

お偉いさん達が食事する場所ですね。

 

後はカフェやBarなんかもありますので1日ホテルでのんびりすることも可能です。

もちろんwi-fiは建物内ならどこでも使えますしね。

 

また、ホテルを出て道路の向かい側にセブンイレブンがあり、その周辺にもタイならではの屋台や料理屋が沢山あるので食べ物にも困りません。

 

 

 

 

まとめ

 

以上、タイの4つ星ホテルって安くてめっちゃ良いぜ!って話でした。

関西空港から、安いときなら往復の航空券で1万5000円ぐらいで来れるタイのバンコク。日本で高いお金を使って人ごみの中で遊ぶなら、少しお金を出してタイでリラックスするのも良いですよ!

 

因みにこのホテルから有名な寝大仏がある寺院ワット・ポー世界中のバックパッカーが集まる聖地カオサンロードまでタクシーで片道300バーツ(約900円)(高速代60バーツ、メーター220バーツほど)で行けるので、そちらに行くのもめっちゃオススメです!

ワット・ポーはマッサージで有名なんですが、それについてはまた次回の記事で。

 

 

ではでは!

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です