「感動した」は英語でどう言うの?「驚き・感動」を表す簡単オススメ英語表現10選

 

 

どうも、Tatです!

 

皆さん、最近は外国人と英語で話す機会が増えてきたんではないでしょうか?

 

英語で会話する際、最初は自分が話すことよりも相手の話を聞くことが多くなりますよね。

その際にok, yes, no, really? だけしか相槌が打てないのはつまらない、、、

 

そこで、今回は簡単に使える相槌や受け答えの表現をご紹介しましょう!

 

歩行型筋肉兵器
James
バシっと使えるやつを教えてくれよな!

 

 

 

「驚き・感動」を表す簡単英語10表現

 

①That’s terrible! 「それはヒドい!」

例えば悪いニュースや事故、恋人や友達の愚痴なんかを聞いているときの相槌として使える表現です。

 

A: Do you know Bob had a car accident yesterday night and broke his both feet and arms.
A:知ってるか?昨日の夜ボブが事故って両腕両足を骨折しちまったらしいぜ

B: oh, that’s terrible,,,wait, that’s me!!
B:うわぁ、、そいつはヒドいな、、、ってそれワシの事やないかーい!

 

 

②Are you sure? 「本気かい?」

この表現は「それ本気で言っているの?」「冗談でしょう?」といったような驚きや疑う気持ちを表すのに使えます。

また、sureには「確信している」という意味があるのでI’m sure ~ 「~を確信している、絶対に~だと思う」という言い方が出来ます。

 

 

たかし
 I saw an U.F.O yesterday!!!!!
俺昨日UFO見たんよ!!!

 

近藤さん
Are you sure? That’s possibly something flying like an air plane, no?
マジで?何か飛行機とかそんな感じのやつじゃないの?

 

たかし
 I’m sure it was the U.F.O!! My friend saw the same one too! Right?
いや絶対UFOだって!!俺の友達も同じの見てたもん!だよな?

 

 

暮井さん
 Mm… possibly it was not U.F.O…..
ンン、、ヒョットシタラ UFOジャナカッタ カモヨ…

 

 

 

③Seriously? 「本当に?」

これも②と同様の表現ですね。

この単語の語尾を上げて(シリアスリィ↑?)話すと疑問下げて話す(シリアスリィ↓!)と驚きを表せます。

 

 

歩行型筋肉兵器
James
I just came back from Russia a few days ago.
2~3日前にロシアから帰ってきたんだ。

 

たかし
 Seriously(↑)?  What did you do there?
本当に?向こうで何してたの?

 

歩行型筋肉兵器
James
Fighting with him.
ちょっとプーチ○と拳で語り合ってきた。

 

たかし
Seriously(↓)!
マジでか!

 

 

 

④No kidding! 「冗談じゃないわ!」

No kidding は口調を強めて言う時ソフトに言う時では意味が若干異なります。

強めの時は「冗談じゃないわ!」、「馬鹿な事言うんじゃないよ!」といった意味になり

ソフトに言う時は「おいおい、冗談はよしてくれよ」といった意味になります。

kidding = 「からかっている、ふざけている」という意味をイメージすると分かりやすいでしょう。

 

 

A:Hey,  I won 700 million yen in the lottery!!
A: おい、俺宝くじで7億円当たったんだけど!!

B: No kidding! Thanks for my Ferrari in advance.
B:おいおいマジかよ!先にお礼を言っておくわ、俺フェラーリな、あざっす!

A: No kidding!
A:馬鹿言うな!

 

※in advance  「前もって、先に」

 

 

因みに相手が言う事に対してNo kiddingを使うと「冗談じゃない!」となりますが、自分の発言にNo kidding を付けると「冗談ではない=本当だよ、マジだよ」という意味になります。便利!

 

A:Hey,  I won 700 million yen in the lottery!! No kidding!
A:おい、俺宝くじで7億円当たったんだけど!!冗談とかじゃなくて!

 

 

 

⑤I’m  filled with emotion 「感極まっている」

こちらは感動した時に使える表現です。

良い意味でとても驚いた時なんかに使えますね。

 

 

A: I was filled with emotion when my child went to toilet alone for the first time.
A:うちの子が初めてトイレに一人で行った時は感動したわぁ。

B: oh, I’d also have the same feeling if my grandfather went to toilet alone.
B:あら、私もうちのおじいちゃんが一人でトイレに行ってくれたら感動するんでしょうけどねぇ。

 

※I’d = I would  「~だろう」 (“もし~なら…だろうなぁ”の”だろうなぁ”を表す)

 

 

 

⑥I’m impressed 「感動した、感銘を受けた」

⑤と同様、感動を表す表現ですね。

impressは「感動させる」という動詞ですので、自分が感動している場合には I’m impressed 「感動させられている(=感動している)」というように受身の形にしましょう。

※受身の形 = be+動詞の過去分詞形  「~される」

 

 

あの人
You made it with suffering pain from your injury! I’m impressed!
痛みに耐えてよく頑張った!感動した!

 

 

※make it  「上手くやる、成功する」

suffer ~ (from …)    「(…が原因で)~に苦しむ」

injury   「怪我」

 

 

⑦touch 「感動させる」

簡単かつ色々応用も効く便利な単語。

⑥と同様、自分が感動する場合は I’m touched that ~ 「~に感動している」という用に受身で。

物が主語に来る場合は 物+touches+my heart で「物が私の心に触れている(感動する)」という様に使えます。

 

 

存微さん
Your story,  you have saved the world from the devil, touches my heart.
お前が魔王から世界を救ったって話、マジ感動したわぁ。

 

野良猫とどっこいどっこい
See?
せやろ?

 

 

 

 

⑧Sounds ~!「~そうだね」

 

soundは「音」という意味の名詞の他に「~のように聞こえる」という意味の動詞でもあります。

Sound +形容詞Sounds easy (簡単そうだね), Sounds good (良いね)という表現になります。

 

Sounds good にsがついてある理由は、元の文章の It sounds good. のItが省略されてある形だからです。

Itの後ろの動詞にはsが必要だよ、でも毎回 it を言うのはメンドくさいから it を省略しちまおうぜ!という感じですね。

 

 

 

生後5ヶ月先輩
Let’s have a drink before going to bed.
ちょっと寝る前に一杯飲んで行こうぜ。

 

生後3ヶ月後輩
Sounds nice.
いいっすね。

 

 

 

⑨Time flies (so fast)! 「あっという間!」

直訳すると「時間が飛んでいってしまった!」という意味のこのフレーズ。

楽しく遊んでいて気が付いたら夜中!とか、もうあれから4年か、、、あっという間だな、、、といった時に使えます。

 

Woman: Do you remember the day when we met for the first time?
Woman:ねぇ、私達が初めて会った日のこと覚えてる?

Man: Sure, it was awesome to dance in the night club together.
Man:もちろんだとも。あのナイトクラブで一緒に踊ったダンスは最高だったよな。

Man: Maybe 5 yeas has passed already, right? Time flies so fast….
Man:もう5年も経つか?時間が過ぎるのは早いなぁ、、、

Woman: Mm… I’m afraid that it was not with me.
Woman: えっと、、それ多分私じゃないわ。

 

 

⑩You took the words right out of my mouth! 「その通りだ!」

さて、最後は少し長めのフレーズ。

直訳すると「あなたは私の口からその言葉を取った(まさに私が言いたい事/言おうとしている事を取ってくれた)」という意味になります。

自分が言おうとしていた事を相手が口にした時や相手の話に同意する時なんかに使える表現です。

 

A: I guess your boss is terrible.
A:お前の上司はヒドいみたいだな。

B: Yeah, you took the words right out of my mouth! He is gifted with finding fault with people.
B:そうなんだよ、まさにその通り!奴は本当、人の欠点を粗探しする天才だわ。

A: Yes yes. By the way how much do you wanna pay for this voice recorder?
A:うんうん。所で話は変わるんだが、ここに今の会話を録音したボイスレコーダーがある。いくらで買いたい?

 

※be gifted with ~ 「~の才能がある、恵まれている」
gift には「神から与えられた物(才能)」という意味がある

 

 

 

以上が「驚き・感動を表す簡単オススメ英語表現10選」でした。

本や辞書に載っているものよりも、実際に僕が英語で会話する時に使ったり聞いたり表現を選びましたので実用性があるかと思います。

全てを覚える必要は無いので1つ・2つでも自分が使えそうだなと思う表現を選んで実際に会話で使ってみて下さいね。

 

ではでは!

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です