元英会話講師が伝えたい!英会話に週一で通っただけじゃ英語を話せるようにはならない理由

 

 

今年こそは英会話学校に通って英語ペラペラになってあわよくば外国人の友達や恋人を、、、!!

 

うむ、その意気や良し!!

 

 

どうも、元英会話講師で今は言語教育屋のTatです。

 

いきなりですが英語、流暢に喋りたいですか?

元旦に「今年こそは英語をしっかり勉強する!!」なんて書いた方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

 

 

いや、その心意気は素晴らしいです!

本気で英語を勉強したい人を僕は全力で応援しますし、お話出来る事ならなんでもお伝えさせて頂きます!

 

ただね、本気で英語を勉強し始めている方が居る一方で英会話学校に通うだけで満足しちゃっている方、居ませんか??

 

ドキッとした貴方、そうあなたです!!

 

 

今回はそんなドキッとしたあなたにも、英会話学校に通おうか迷っているあなたにもお伝えしたい事を話そうと思います。

 

 

具体的に時間換算してみると、、、

 

例えばあなたが週一回、1時間の英会話に通っているとしましょう。

毎週外国人の先生と英語でなんとかコミュニケーションを取って、満足感も得られて。

少し出た宿題をやってまた次の週に英会話。

 

継続して毎週英会話にチャレンジしているのはGJです。

でも、こんな風に感じたこと無いですか?

 

「イマイチ上達してる気がしないなー」

 

 

これね、よくよく考えれば当たり前なんですよ。

 

 

思っているより英語に触れている時間は少ない

 

ちょっと計算してみましょう。

英会話学校は多少差はありますが、一年を48週で計算してカリキュラムを立てている場合が多いです。

これは特別な講習などは除く毎週決まった時間のレギュラーのコースの場合。

 

では週一で一時間のレッスンに通っている場合、単純計算で

48週×一時間=48時間

一年間通って48時間=2日間分しか英語の練習が出来ていないんです!

 

たった2日分ですよ!!

英語圏に3泊4日で旅行に行って英語で会話してみるのよりも短いんです!

 

じゃあ英会話学校に通うのは無駄なのか?

そんな事はありません。

大事なのはこの限られた英会話の時間をどう使うか、です。

 

 

 

スポンサーリンク

 

大事なのは授業外の時間

 

例えば、僕が英会話学校で働いていた時は生徒に「終わらせられる量で可能な限り大量に」宿題をだしていました。

どうしても文法や読解メインになりますが、親御さんにご協力頂いてリスニングや英語表現を暗唱する等、”音”で頭に入れてもらうようにしていました。

学校に毎週来て貰っても一年で合計2日分しか英語に触れさせてあげられないので、学校以外でも可能な限り英語に触れてもらうように心がけていました

 

 

ここがポイントなのです!

いくら英会話学校に通っても、学校以外の所で英語を使おうとしない限り何年通っても時間とお金の無駄でしょう。

 

 

逆に学校以外の所で英語を使おうとする生徒はグングン伸びます。

僕が居た英会話学校では、中学生の段階で英検2級を取得している生徒が沢山居ました。

 

しかもその子達の主な得点源はリスニング。

少しずつコツコツ音で学習していたので、文法の理解があまり追いついてなくても”読めたら問題を解ける”という状態になっていました。

 

音が分かっていて問題も解けるという事は、総合的な英語力があるということです。

 

 

もちろんこの理論は大人の方にも当てはまります。

”英会話の授業のみで学習する”のではなく、”授業以外で普段から学習して授業を活かす”ようにしてみて下さい。

 

例えば

毎週英単語を30語覚えて英会話の授業で使ってみる

・普段の生活で外国人と話す機会を作って会話してみて、“言いたいのに上手く言えない表現”を授業で習う

 

といった具合に。

 

 

 

「外国人と話す機会なんか無いわぁあぁぁぁぁあぁあ!!」

 

という方は国内で外国人と友達になれる場所&アプリをどうぞ。

実際に日本国内で外国人と出会える場所に行った時の記事『簡単に外国人と友達になれる「meet up」を利用したら一瞬で7人友達が出来た in 神戸』も参考になると思いますので見てみて下さいな。

普段の生活の中にチャンスはいくらでも転がっているのです。

 

 

 

でも実際海外に行ってしまうのが一番早い

 

ここまで英会話の授業の有効利用方法をお話してきましたが、極論を言えば海外に留学してしまうのが一番早いです。

「お金が掛かる!」と思いますか?

 

でも週一で英会話に通って居たとして、一年間で支払うお金はいくらぐらいでしょう?

月に1万5000円だとしても1年で18万円。

身近な所でいうとフィリピンのセブ島なんかだと18万円あれば2~3週間ぐらい、宿と食べ物と英語のプライベートレッスンを毎日つけられますよ?

しかも勿論常に英語が飛び交う環境に身を置くことが出来ます。

 

 

英会話学校に行く事を否定しているんじゃありません。

もし通うなら授業以外の時間も英語に触れる環境を作って本気で学習した方が良いと言いたいのです。

 

もし何となく「英語が話せたらなー」ぐらいで通うだけになってしまっているなら、思い切ってプチ留学とかワーキングホリデーで海外に行った方が早いです。

長い目でみたら必要な経費はあまり差がないでしょう。

2017年5月現在、オーストラリアにワーホリで来ていて情報をまとめている最中なので良かったら費用面や収入面など参考にしてみて下さい。

【完全保存版】オーストラリアでのワーホリ情報を実体験を元に全てまとめてみた

今からオーストラリアに旅行やワーホリに行く人に見て欲しい!滞在10日間の合計費用(航空券代含む)を計算してみた!

 

 

 

ということで英会話に週一で”通っただけじゃ”英語を話せるようにはならない理由をお話させて頂きました。

「本気で英語を学びたい方」のお役に立てたら幸いです。

 

 

ではでは!

 

 

 

スポンサードリンク



本気でブログで収入を得たいならココ

僕も”ブログのプロ”が集まるココでブログノウハウを学びました


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です