バリの空港タクシーは乗らないで!空港外へ歩いて出る方法と選ぶべきタクシーまとめ

 

どうも、Tatです!

 

今回はリゾート地で有名なインドネシアのバリ島空港から徒歩で出る方法と、ちゃんとメーターで料金を計算してくれる優良タクシーの見極め方についてお話していきたいと思います。

 

近藤さん
空港のタクシーは乗っちゃダメじゃぞ。ボッタくられるからの

 

 

なぜ空港タクシーだとボッタくられるのか?

 

まず知っておいて欲しい知識として、バリには3種類のタクシーがあります。

・空港(エアポート)タクシー

・個人タクシー

・メータータクシー

 

の3種類。

 

メータータクシーで有名なブルーバードというタクシーで移動するのが最も安く良心的なのでオススメなのですが、利権の関係からこのブルーバードは空港内でお客さんを拾うことが出来ません!

空港外から乗せたお客さんを空港で降ろす事は出来るのですが、空港内でお客さんを拾うと個人タクシーの人たちと揉める事になってしまうのです。

 

と、いうことは優良のメータータクシーが入ってこない空港内は値段交渉のタクシーばかり、しかも相場を知らない観光客を狙うドライバーばかりなので値段がめちゃくちゃ高いのです。

 

なので、バリ国際空港に着いてからホテルまでの移動は一旦空港から外に出て、ブルーバードタクシーを捕まえるのが一番安く安全です!

 

こちらがブルーバードタクシー

 

空港内にはブルーバードの偽物(車体は青色だけど会社のマークがtwitterのアイコンみたいな絵を載せているタクシー)もあるので騙されないように気を付けて下さいね。

本物は写真のように会社のマークが青い白鳥のような右向きの絵のタクシーです。

 

 

 

空港外へ徒歩で出る具体的な方法

 

それでは到着してから空港外へ歩いて出る方法をお伝えしていきます。

ちょっと分かりにくいので写真で説明していきますね。

5~10分ぐらい歩けば出られますよー。

 

 

まず飛行機到着後、荷物を回収して税関を抜けて外への扉を出たらこんな感じの景色が見えます。

扉を出てすぐ、大量のタクシーの運転手や旅行会社の人がお客さんの名前が書かれた紙をかざして待っています。

 

 

 

 

到着出口の扉を出てそのまま正面の方向にこんな大きな門があります。

この門をくぐって真っ直ぐ進んでください。

今回は清掃中で通れませんでしたが、向かって右側に回りこめる通路がありました。

 

 

 

反対側から撮った門の写真。

この独特な形をしているめちゃくちゃ大きな門は思わず写真に収めたくなりますね。

 

 

 

さて、門を潜ったらこんな感じで車道があり奥が駐車場になっています。

ここをひたすら真っ直ぐ行きましょう。

 

この辺りは空港タクシーと個人タクシーの「タクシー!」「どこのホテルまで行くの?」といったキャッチがとてつもなく多いのですが、全て「No, thank you!」でかわして行きましょう。

 

 

 

駐車場内部。ここもひたすら真っ直ぐ!

 

 

数分も歩けばこんな感じで外に出られます。

が、ここはまだ空港内なのでまだタクシーを捕まえちゃダメですよ!

 

ここを真っ直ぐ進み横断歩道を越えると正面に金網があります。

この金網が空港の中と外を区分けているものなのです。

金網のところまで行ったら左に行きましょう。

 

 

 

これが金網まで来て左を向いた景色。ここをまっすぐ進んで行きましょう。

 

写真左の沢山の車がある方が空港内、写真右側の金網の向こうが空港の外です。あとちょっと!

 

 

 

数分歩いていると、進行方向右側に外に出る横断歩道があります。

ここを出れば空港外!パンパカパーン!!

ブルーバードタクシーを捕まえましょう!

 

 

 

因みにこの横断歩道の所から空港内を見てみると、何だか遺跡っぽいものが、、、

これが見えたらちゃんと出口まで来れているということです。

 

 

 

金網を越え、横断歩道を渡るとこんな光景があります。

ここでタクシーを捕まえても良いし、画面奥の裏道をずんずん進めばクタという大きな観光地の方まで歩いて行けますよ。

 

以上、バリ国際空港から歩いて空港外へ出る方法でした。

 

 

 

空港周りのタクシーの情報

さて、次は知っておいて欲しいタクシーの情報に関してです。

 

 

安心安全ブルーバードタクシー

最初にお伝えしましたが、バリ島内を移動するのはブルーバードというメータータクシーがおすすめです。

ブルーバードのタクシーは全てメーターで料金が決まるのでボッタられる心配がなく、多くの観光客が利用するタクシーです。

 

初乗り料金は7,000Rp.(ルピア)(=約58円)

100mごとに650Rp.(=約5円)ずつ加算されていきます。

安い!!

 

 

因みに空港から各観光地or街までの所要時間と料金が↓こんな感じ
(レート:2017/4/17現在)

· Kuta: 5-10分  Rp.45,000. – Rp.55,000 (約368円~450円)
· Legian: 10分  Rp.45,000 – Rp. 55,000 (約368円~450円)
· Seminyak:  15-25分 Rp.60,000 (=約490円)
· Jimbaran:  20-30分 Rp.70,000  (=約571円)
· Nusa Dua:  30 – 40分 Rp.95,000 (=約776円)
· Ubud:  60 – 80分 Rp.195,000 (=約1593円)

バリはよく渋滞するのでおおよその時間です。

あくまで目安ですが、参考にして下さいね。

 

因みに、インドネシアの通貨ルピアは桁が大きく日本円へ計算しにくいですよね。

ざっくり計算する方法としてはルピアから0を2つ取って、2割引けば日本円に近くなるのですよ。

 

例えば45,000Rp.なら、0を2つ取ったら450円になります。

450円の1割は45円、2割は90円。

450円から2割(90円)引けば360円。という感じで。

 

上の表では45,000Rp. =368円 なので、おおよその計算はこれで出来ます。

 

 

ブルーバードタクシーの注意事項

 

便利なブルーバードタクシーですが、夜はあまり路上で捕まえることが出来ません

電話やアプリでタクシーを呼ぶことも出来ますが、英語でコミュニケーションをしなければならない上に現在地を上手く説明出来るかもわからないですよね。

 

そんな時は周囲にホテルが無いかを探し、ホテルの人にブルーバードタクシーを呼んで貰うようにお願いしましょう。

殆どのホテルマンは快く呼んでくれますし、タクシーも大体10分ほどで到着します。

 

ただ、電話で呼ぶ場合は初乗りが30,000Rp.(約245円)からになります。

 

因みにホテルまで来る分の料金や深夜料金といったものは請求されませんし、24時間呼ぶことができます。

 

近藤さん
超便利じゃな、ブルーバード、、、

 

 

 

タクシーカウンターも便利だが割高価格

 

もし、いちいち荷物を持って空港の外に出るのが面倒という方がいらっしゃるなら、到着ゲートを出たすぐにあるエスカレーター下部にあるAirport Taxi Counter(空港タクシーカウンター)を使うと良いでしょう。

このタクシーカウンターでは空港から行き先までのタクシーの料金を前払いしタクシーチケットを貰います。

そのチケットを空港タクシーのドライバーに見せることで目的地まで乗せていって貰うという仕組みです。

 

 

このタクシーチケットの値段は固定されているので、個人タクシーに乗って到着地についてから法外な料金を請求されたりするリスクを避けられるので便利ですがメータータクシーよりも割高になっています。

例えばメータータクシーだと空港⇒クタまで45,000~55,000Rp.ほどですが、タクシーチケットだと70,000Rp.します。

 

料金に関してはチケットカウンターの所に料金一覧があるのでそこでチェックしてみて下さい。

 

 

 

あえて個人タクシーに乗ってみる

 

たかし
安心安全なんていらん!スリリングこそが旅の醍醐味だぜ!!

 

なんていう方がいれば、到着ゲートを出たすぐの声を掛けてくるドライバー達のタクシーに乗ってみましょう。

良い意味でも悪い意味でも、ドライバー達の人間味を味わえる、人と人の交流を楽しむことが出来るでしょう。

 

500円で行くって行っていたのに2000円払わないと降ろさない、なんて事が起こったりするみたいですがね、、、

 

でも、逆にあちこちに連れていってくれたり現地人ならではの情報を聞いたりも出来るので一概にダメだということはありませんよ。

旅行ではなく旅で行くなら、話のネタに一回乗ってみてもいいかもしれませんね!笑

 

 

まとめ

 

以上、バリ国際空港から徒歩で空港外に出る方法優良タクシーの選び方でした。

この記事が楽しいバリ島での時間に役立てば幸いです!

 

ではでは!

 

 

 

↓こちらもどうぞ↓

・言語設定を変えちゃダメ!バリ国際空港で無料の空港wi-fiを使う方法

・3月のバリ島をぶらぶら散歩しながらビーチ・食事・お土産写真を撮りまくってみたので見やさんせ!

 

 


2 件のコメント

  • クタから空港への道で偽物のブルーバードタクシーに乗ってしまい、細工メーターで10倍の値をふっかけられました。ご注意を。

    あとで見ておかしかった点は、idカードがない。メーターが下についてるところでした。途中まではまともだったのですが、空港につくと10倍に。もしかしたら最後に一番下の桁が増える細工かもしれません。

    • まつさん、コメントありがとうございます。
      細工メーターで値段10倍、、、恐いですね、、、
      やはり正規のブルーバードに乗った方が安心ですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です