【外国人】ロシア人の彼女が欲しい?それならタイをオススメする3つの理由【恋人】

 

どうも、Tatです!

 

今回はいつもの真面目な話とは打って変わって、外国人の彼女が欲しい男性の皆様のために情報をシェアしようと思いキーボードを叩いています!頑張るぜぇぇぇ、、、、

 

何でそんなことをしているのかと言いますと、実は今僕は付き合って2年半ほどになるロシア人の彼女が居まして

今年の9月以降からは一緒に居られる事になりそうなんですが、、、まぁ、それは次のお話の機会にしましょうか。

 

 

友人知人から聞かれる訳ですよ。「どうやってロシア人なんかと会えたんだ?!」と。

 

また最近色んな人(主に男性)「ロシア人の美女とお近づきになりたいなぁ、、、」なんて言っているのを耳にする訳ですよ。

でも中々ロシア人と知り合う機会はないかと思いますし、ロシアに行くのも大変な上に英語があまり通じないのでハードルが高いですよね。そもそもロシア以外で出会えるのかと。

 

そこで、今回僕がロシア人の彼女と実際に知り合った場所何故そこにロシア人が居るのか具体的にどこに行けばロシア人や他の外国人と友達になれるのかを説明したいと思った次第であります!

よっ、太っ腹!

 

 

↓因みに彼女はこんな感じです。結構美人さんざんしょ?

 

 

 

 

ではでは、具体的にお話していきましょう!

 

 

 

妄想を膨らませている暇があればタイに行け!

 

さて、記事のタイトルからずっと言っている「タイに行け!」。

僕が彼女と初めて会ったのもタイなのですが、そもそも何でタイに行くことを勧めているかと言うと、、、

 

 

 

タイにはロシア人がいっぱい居るから!!

以上!!!

 

 

 

たかし
いやいやいや、、、え”?それだけ?!

 

 

、、、、すみません、話がざっくり過ぎましたね。

 

 

理由①ビザの問題

 

ちゃんと説明しますと、ロシアって結構ビザに厳しい国なんですよ。

ビザ(VISA):簡単にいうと、その国に入る為の入国許可証だと思ってもらえればokです

 

日本人はパスポートと航空券さえあれば130カ国ぐらいビザ無しでも行けるのですが、ロシア人が海外旅行するには沢山の国でビザが必要になってきます。

例えば、日本はもちろん、ヨーロッパ全域、アメリカ全域、オーストラリアや中国なんかに行く時もビザが要ります。

わざわざ各国の大使館や領事館にいって書類提出して、お金と時間も掛かって、それでも必ずビザが降りるとは限らない、、、

 

しかしながら、ロシア人がビザ無しで行ける国ももちろんあります。

有名どころで言えば、アフリカ、エジプト、トルコ、韓国、そしてタイ

 

そうです、ロシア人が旅行でタイに行くときビザは必要ないのです!パスポートと飛行機のチケットさえあればOK!

 

なので、ロシア人が行く旅行先の一つとしてタイが人気、つまり多くのロシア人がタイに居るのです。

これが何故ロシア人がタイにたくさんいるのかの理由1つ目。

 

 

 

理由②物価が安い=ロシアの物価と近い

 

突然ですけど、ロシアの物価ってどんなものか知ってます?

例えば普通のフルタイムの仕事(正社員)の月給はいくらぐらいでしょうか?

さぁ5秒以内でお答え下さい!!

 

 

 

 

。。。。

 

 

。。。。。。。

 

 

 

。。。。。。。。。。。。

 

 

残念!そんなに高くない!!(決め付け)

 

 

正解はですね。

モスクワサンクトペテルブルグといった有名な都市でのフルタイムの仕事で月収10万円程度

僕が働いていたアルハンゲリスクという街なら、政府で働く弁護士でも月収5万円ちょっとしかありません。

 

僕達の感覚としたらとても安く感じますが、ロシア国内で暮らすなら他の物も安いのでこれで大丈夫なのです。

例えば、バスは片道60円程度、電車も同じぐらい。

2Lのペプシも100円ぐらいですし、鳥の丸焼きを作るようの鶏肉まるまる一匹分でも300円程度で買えます。

 

 

そんな物価の低い国で暮らすロシア人達は、違う国に行ったときに物価の違いで困ることがよくあります。

日本で旅行しようと思ったら5万円(ロシアでの1ヶ月分の給料)じゃとても足りませんよね?

飛行機代で消えちゃいますよ。

 

そんな中、タイの物価はロシアの物価と同じぐらい安いのです!

今はロシアの通貨ルーブルの方が安くなっていますが、少し前まではタイの通貨であるバーツとルーブルはほどんど同じ通貨価値でした。

 

なので、お金の心配が比較的少ないタイに行くロシア人が多い、と。

物価の安さが理由2つ目。

 

 

スポンサーリンク

理由③ビーチに死ぬほど憧れを抱く彼ら彼女ら

 

ロシア人の休暇で行きたい場所No.1。。。。

それはビーチ!!!

 

青い空に白い砂!!

水も綺麗で天気も良い!!

 

そんなところに彼ら彼女らは憧れる訳です。

 

ロシアにも、南のほうに行けば海はあります。

季節として、夏もありますし川や海で泳いだりもします。

ただ、それでも北の方に住めば住むほど夏の時間は短く、-40℃ぐらいまで気温が下がる冬は長いのです。(アルハンゲリスクもー30℃とかに平気で下がっていました)

 

そんな国に住むロシア人達はやっぱり暖かい国のビーチに行きたいと思いますし、色んなロシア国内の旅行会社やテレビでも「常夏の国のビーチは最高!!」というような広告戦略をずっとしています。

 

 

簡単に言えば、昔の日本人が持っていたハワイへのイメージ。

 

暮井さん
夢の島、ハワイ!!

 

近藤さん
一生に一度は行ってみたい場所、ハワイ!!

 

こんな感じですね。

 

 

そしてタイの南側には何があるかご存知ですか?

 

そう、かの有名なリゾート地、プーケットですね!

 

日本人にもよく知られているプーケットはロシア人にも大人気。

その他、プーケット周辺のクラビアオナンパタヤいった場所も大人気で、その辺りの街を歩けば色んな所からロシア語が聞こえますし、店の中の案内やメニューなんかもロシア語で書かれている場合がよくあります。

 

ハワイで日本語表記をよく見るのと同じですね。

同じくにの人が沢山居れば、その国の言葉の表記があるのが当然ですから。

 

 

なので、南国のビーチが大好きな彼らはタイによく行きます。

つまりタイの南側に行けばロシア人と知り合える確立がぐっと上がる訳なのです!

 

これが、理由3つ目。

 

 

具体的に会える確立が高い場所は?

 

さて、以上3つの理由から、タイにロシア人が沢山居ることが分かって貰えたと思います。

 

近藤さん
でも具体的にタイのどこで、どうやって知り合えば良いか分からんよ、、、

 

 

、、、という声が聞こえてきそうな予感。

 

そうですよね、このままだとタイ行きの航空券買ったは良い物の、どこで何をすれば良いかが分かりませんよね。

 

そこで、タイでロシア人含む外国人と知り合いになれる確立の高い場所を3つ、お伝えします!

因みに全ての場所で実際に僕は外国人と会えていますので参考にしてみて下さい。

 

 

①ゲストハウス

 

タイはあちこちにゲストハウスがあります。

ゲストハウス:バックパッカーや旅人がよく宿泊する格安の宿

 

タイは本当に安く、8畳ぐらいの個人部屋1泊150バーツ(約450円)ぐらいで泊まれたりします。

首都のバンコクやビーチが近くにある南側のリゾート地ならもう少し高く、一泊200~300バーツ(約600~900円)ぐらいしますけどね。

 

安い分、若い旅行者がよく泊まりに来ます。もちろん外国人も!

なのでタイに行く際はホテルや日本人宿(オーナーが日本人で宿泊客も日本人が多い)ではなく普通のゲストハウスを探して泊まるのがおすすめです。

探し方は、booking.comなどで探せばすぐに見つかりますし現地で探してもすぐに見つかりますよ。

 

因みに僕がタイに行った時によく利用していた、色んな外国人と会えてそこそこ快適で値段も安い、個人的に大好きなゲストハウスはチェンマイという街にある「VIP house」というゲストハウスです。チェンマイに行くならここ、オススメです!

 

大抵のゲストハウスには皆がくつろぐスペースがあるのでそこでリラックスしている外国人とかに声を掛けてみると良いですね!

「Hi, how are you? where are you from?(やぁ、元気?どっから来たの?)」

で全然okです。

 

 

因みに、多くのゲストハウスにはドミトリーという部屋もあります。

ドミトリーとは1部屋にベッドが4つとか6つとかあり、他の人と同じ部屋で寝泊りするタイプの宿泊方法。普通の個人部屋よりも安く泊まれる

 

「えー、他の人と同じ部屋かー、、、」と思われるかもしれませんが、実は多くの場所で男女共同のドミトリーがあるのですよ。

 

つまり、同じ部屋の中、違うベッドに外国人女性が居ることがしばしばあります。

大抵、旅慣れてる外国人女性は薄着で寝るので目の保養にも、、、

 

そういった同じ部屋で寝泊りしている人には声を掛けやすく、友達になりやすいのでドミトリーもオススメですよ!

 

 

②ツアーやメディテイション(瞑想)をするお寺

 

ツアーはどこでもよくありますよね。

「日帰りで無人島に行ってBBQ」とか「お寺巡りツアー」とか。

日本のツアー会社じゃなく、タイのツアー会社で申し込むと外国人観光客もたくさん申し込んでいるので、同じツアー内で交流する機会がよくあります。

バンコクでバックパッカーに人気のカオサンロードや観光客がよく行くチェンマイ、その他どこにでもツアーを申し込める代理店があるので現地で探すのがおすすめです。

 

 

メディテイション(瞑想)はタイならではですね。

お寺で申し込んで、人気が無く落ち着いた静かな山の方のお寺に皆で行き、2泊3日とか1週間とか泊りがけで瞑想の練習が出来るものです。

僕はチェンマイで瞑想に参加しましたが、参加者が20人ぐらい居る内で日本人は僕だけでした。

瞑想に関してはまたいつか書こうと思いますが、とりあえず外国人ばかりだったので知り合いを作る機会がたくさんありましたよ。もちろん男性女性、両方居ました。

同じ釜の飯を食べればすぐに仲良くなるのは当然ですぜ!

 

 

 

③マッサージスクール

 

これまたタイならではですね。

チェンマイは特にマッサージスクールで有名なんですが、どこのスクールでも多くのが外国人が勉強しに来ます。

 

初級コースだと2週間程度で終わるものもあるので、マッサージの基本を学びがてら外国人と交流が出来るのでおすすめです!

同じ目的を持っていると話が出来ますし、お互いがお互いをマッサージの練習しあうことも出来て簡単に仲良くなれます。

 

実は僕の彼女もマッサージスクールに通っていて、僕がタイで出会った日本人の友人が彼女と同じクラスで、彼女やその友人含め他の外国人達と遊ぶようになったのが出会いのきっかけなのです。

良いですよ、チェンマイのマッサージスクール!

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

以上、タイにロシア人がたくさん居る3つの理由具体的に外国人に会える確立が高い場所3つでした!

 

繰り返しますが、ロシア人にとって

・ビザ無しでも簡単に旅行に行ける

・物価が低い

・ビーチがあるし暖かい

 

の3拍子揃っているタイはとても人気の場所であり、だからこそ

 

「お兄さん、、、ロシア人と知り合いたきゃタイの南側のビーチがある街に行きなぁ!!」

 

とタイをオススメしたいのです!

タイは日本からの往復の航空券でも、安ければ2万円以下で買うことが出来るので気軽に行けるのも良いですよね。

 

 

 

また、先ほど軽く触れましたがタイの街で南側以外にも

・首都バンコクで有名なバックパッカーの聖地カオサンロード

・第二の都市チェンマイ

・ゆっくりのんびり出来る田舎町パーイ

 

などの場所にもビーチに飽きたロシア人ヨーロピアンなんかが沢山居ます。

 

実際にタイを旅している時、上に書いた街に居た時にもロシア人は勿論、フランス人・スペイン人・イタリア人・ドイツ人・モロッコ人・韓国人・中国人などなどに出会いました。勿論日本人にも。

まぁこのお話もまたの機会にしましょうかね。

 

 

本気で外国人とお近づきになりたい貴方!

タイ、、、、行ってみてはどうでしょ?!!

 

 

 

さて、最後に彼女が日本に来た時の写真でお別れしたいと思います。

 

 

ではでは!

 

 

 

 

スポンサードリンク



本気でブログで収入を得たいならココ

僕も”ブログのプロ”が集まるココでブログノウハウを学びました